無垢材の一戸建て建設・リフォームは夢来のすみかへ

0550-89-3232

ご相談・お問い合わせ

素材・工法 匠の技と厳選素材

弊社がビジネスパートナーとなっております『夢ハウス』の「素材・工法」についてご紹介いたします。

匠の技と厳選素材

夢ハウスの職人は、日本古来からの木造建築技術の歴史をそのまま引き継ぐのではなく、現代の住まい方を考慮し、それに見合った技術や工法・意匠へ進化させています。素材にも徹底的にこだわり、住む人が健康的に生活でき、心が安らぎ、長持ちする本物の天然無垢材を使用しています。

特許技術の木材乾燥

一番のこだわりは「木の乾燥」。

特許技術で含水率15%以下。
無垢は変形するという常識を覆しました。

無垢材選びのポイントは「含水率」

不十分な乾燥は「欠陥住宅」に直結!?

不十分な乾燥木材を使ったことで不具合が起こります。その中で一番怖いのは壁体中で起こる「内部結露」です。
木材の変形でできたすき間から、屋内の暖気と屋外の冷気が壁の中で混ざり合うと結露が「恐ろしい連鎖」を引き起こすのです。
結露は壁の中にカビを繁殖させ、さらにカビの繁殖条件が等しい、木を腐らせる「木材腐朽菌」が繁殖します。土台や柱を木材腐朽菌が食い荒らし、災害時には倒壊する恐れも。

内装材で5%(※)以下、構造材で10%(※)以下の含水率基準

2002年特許を取得した夢ハウスオリジナル木材乾燥機「ドライランバー」。暖房機器の発達、高断熱高気密住宅の浸透にともない、過酷な室内環境でも木材の変形を極限まで抑えることに成功しました。
※ 乾燥機出庫時の計測。出庫後、大気中の水分を吸い込んでも15%以下になるよう管理しています。JAS基準よりも厳しい基準をクリアしています。

乾燥技術の高さが実証されました

市販品の床材と夢ハウスの乾燥材を使い、同条件下で収縮実験を行いました。第三者機関において、市販品(JAS認定品)の含水率と同等な床板と夢ハウスの床板を同じ室内環境で60日間収縮の変化を観察しました。すると、驚きの結果が出たのです。いかに市販品の無垢材の含水率基準が曖昧かが露呈しました。

厳選素材[構造編]

厳選素材[内装編]

耐震技術

床下構造

耐久

床下換気

壁体内通気

壁の内部に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気により躯体の劣化を抑えます。
基礎上からのぼった空気は、壁・屋根を経由し棟から排気されるので、空気がよどむ心配がありません。住まいの耐久性に大きく貢献しています。

メールでのお問い合わせ(オサコー建設 WEBサイトへ)

ページの先頭にもどる